しばらくお休みをします
記事をアップせずにどれくらい経つのでしょう。
ビデオはたまる一方で整理整頓下手の私は遅ればせながらギブアップ宣言をいたします。

オールインの集中を見続けたことに無理が出たのか。
やっぱり泣けなかった「天階」でグッタリしたのか・・・(汗)

チャングムではついにハン尚宮さまがお亡くなりになりました。
しかもチャングムの背中で・・・(悲)
料理人編から医者編になるのですね。

もうがんばれません。といったチャングムのシーンは正視することができず号泣。
今後も木曜日はさっさと帰宅して、いやビデオを撮って見続けます。

ブログはしばらくお休みをさせてください。
また、いつか再開できる日がくるかもしれないしこないかもしれません。
遊びにいらしてくださったみなさまに深くお礼を申し上げます。
また、しばらく更新のなかったこのブログに遊びにいらしてくださったみなさまに深くお詫び申し上げます。
[PR]
# by k_drama | 2005-04-25 22:54 | ひと息
WOWOWでノーカット版
4月1日(金)、午後8時から2話ずつ放送開始です。

ノーカットゆえ、「ギターを弾くヅラ姿」を見ることができますよー!(大声)
Happy Together
[PR]
# by k_drama | 2005-04-01 08:36 | Happy Together
初恋
「チャングムの誓い」のあと11時から始まったペ・ヨンジュン主演の「初恋」
帰宅したらちょうど始まったところ。

どんなお話しかは全くの未入手。
今日はジウちゃんも登場しない少年期のお話。

スンドン会長、少年期のチョンウォンでオールインキャストが勢ぞろい?
かと思いきや「女官長さま~!」品が失われていて誰だかわからなかったわ。
弟役の少年が、ヨンさまに成長するのでしょうか。どこか似ています。
そして、スンドン会長のお嬢様が、ジウちゃんになるのかなぁ。

ところで、ストーリーはおもしろいのでしょうか?(笑)

あさって土曜日は、「天国の階段」と「美しき日々」のダブル最終回です。
[PR]
# by k_drama | 2005-03-31 23:51 | ひと息
オールイン 運命の愛<5話~10話>
まとめすぎ(笑)

26億もの負債を負ったスヨンはイナの観察力によって救われました。
もちろんオアシスグループも同様救われました。
イナの発見したマイケル・チャンの弱みとは「鼻がいい」こと。なんだかねえ(笑)

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-03-20 23:11 | オールイン 運命の愛
チャングムの誓い 第22話<無念の死>
最高尚宮さまー!(号泣)

泣いて泣いて、余韻に浸るまもなくその後の展開に心痛めて、疲れ果ててしまいました。

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-03-20 18:49 | チャングムの誓い
韓タメ 03.19放送分
久しぶりのアップです。
たまったビデオはどこにあるのか・・・いずれ昔の最新情報をアップできたらと思っています(笑)

この時期日本は花粉症で大変ですが、韓国ではどうですか?
という佐々木アナの質問から。
韓国では杉の種類が違うようで花粉症はほとんどないそうです。
この季節にもっとも深刻なのは、中国から飛んでくる黄砂(ファサ)によって呼吸器に疾患がでる人が多く、外にでるのもままならないといった状態なのだとか。
そういえば、チャングムも黄砂の中1人で洗い物をし、水を沸かした湯を使用していましたね(グス)。

天国の階段ブームを受け、巨匠イ・ジャンス来日!
日本での放送にあたり、韓国では時間の都合でやむなくカットされたシーンも使われた天国の階段。逆ノーカットだったとはオドロキです。
チェ・ジウの吹き替え田中美里について、イ・ジャンス監督に聞いてみました。
「はー、日本語で演じるのは難しいでしょうねー。ぜひ一度お会いしたいと思っています(ハート)」

3月17日韓国三移(サムチョク)にて、ペ・ヨンジュン主演の映画「四月の雪」の公開撮影にアジア各国から駆けつけた取材陣は約350人。ス、スゴイ!
「デビューして10年になりますがまた新たな気持ちで演技しています。もう一度いちから学ぶ心境です」とはペ・ヨンジュン。
他、竹島問題についても質問があったそうですが、カット。
お相手は夏の香りのソン・イェジン。

韓国の奇才キム・ギドク監督の話題作が上陸。
援助交際を題材にした「サマリア」(2005年3月26日公開)
援助交際がきっかけで友をなくした少女の罪のつぐないを描く問題作だそうです。

大抜擢された新人女優のインタビューです。
ハム・ヨルム「監督は他の人とは違う独特な考えを持つ人でとても魅力的な人でした」
クァク・チミン「撮り終えた今改めて考えるとやっぱり援助交際は理解できないし犯罪だと思います」

「K-1 WORLD GP 2005 in SEUL」(昨日フジTVで放送)では神話が国歌斉唱。
「K-1ファンのみなさんこんにちは神話です。試合はもちろん神話の国歌斉唱も楽しみにしていてください。会場でお会いしましょう、神話でした!」リーダー、エリックは撮影中で写真参加(笑)
というK-1、曙と韓国の巨人チェ・ホンマンの試合を偶然見ることが出来ました。
曙にタオルが投げられ試合はTKOでチェ・ホンマンの勝ち。
あのタオルは「汗を拭けって」渡されたんじゃないの?というタイミング。←実は格闘技ファンな私、ふがいなさに悪態ついてみました(苦笑)
巨人チェ・ホンマンがジャンクスポーツに出演したときのセリフが忘れられません。
誰に似ているかとの質問に「キリンに似てるとよく言われます。人間なのに・・・」

韓国の演歌「トロット」の魅力!
カン・ドンウォン主演の映画、「彼女を信じないでください」でカン・ドンウォンがキム・ハヌルに語っているシーンから。
そして場面は変わりトロットを熱唱するシーン。おじさん踊ってます。おばさんに大人気です(笑)
コッテコテの歌謡曲トロット。ここで代表する三人のおじさんが歌うシーンがご紹介。
女女女:ソル・ウルド(ヅラっぽい)
愛のカサノバ:チャーリー・パク
同伴者:テ・ジナ

日本では歌謡曲とも演歌ともとれますが、なんともゴージャスです。
マツケンサンバぶりのバックダンサーを従えたり、ブルドーザーで「アニョハセヨー!」と登場したり。激しいダンスを披露するチャーリー・パクは、神話のチョンジンの父親だそうです。
見逃せません。イヤ侮れません。韓タメを観てこんなに笑ったのは初めてです(笑)

中年の男性ばかりのトロット界に「新世代トロットの妖精」と呼ばれる若い女性の登場です。
その名はチャン・ユンジュン。MUSIC CAMPより。
「飲みすぎたのは~あなたのせいよ~」に似た歌。

どんなにPOPが流行ってもおばさまたちが夢中になるのはトロット。
韓国エンターテイメント業界はまだまだ奥が深いのです。だそうです(笑)

「いんや~すごいですね~」とは佐々木アナ。同感です。

中国で制作されたチェ・ジウ主演のドラマが上陸です。
タイトルは「第101次求婚」
そのとおり、武田鉄也主演の「101回目のプロポーズ」中国韓国共同制作のリメイク版。
恋人を失くした浅野温子役にチェ・ジウ、武田鉄也役は台湾人気俳優のスン・シン。
名場面、「僕は死にません~」のシーンもありましたよ。
撮影は上海で。共演者のセリフは中国語、チェジウだけは韓国語で撮影されたため、あとで中国語に吹き替え放送したそうです。
ということは日本では吹き替えの吹き替え?
チェ・ジウちゃんのインタビューです。
「最初はとにかく心配でした。相手役の方と言葉が通じないんです。中国、台湾の役者さんの中で私だけが韓国人でした。お互い意味が通じないまま会話シーンを撮るのは難しいと思ったんです。でも表情や身振りで心が通じ合えたのでうまくいきました」
NGがでてもわからないってことね。
お、忘れてた。4月17日からフジテレビ721で放送開始です。

そして中国での韓流ブームについて。
日本より早く5年前からブームがやってきています。
熱狂的韓流ファンを「韓迷」と呼んでいるのだとか。
雑誌では韓国スターの衣装の特集や、愛車紹介といった特集がくまれているそうです。

日本でのペ・ヨンジュン並みに爆発的人気がある女優はキム・ヒソン。
ニックネームは「ヒソン王女」
キム・ヒソンといえば、以前アンケートの「整形するお手本にしたい女優ナンバー1」に選ばれた女優さんですよね。とは佐々木アナ。よく覚えていらっしゃること(笑)

エンディングは天国の階段のフューチャリングソング「天国の記憶」を歌う火曜飛(ファヨビ)23歳。
韓国ではアルバム4枚を出す実力派です。
「日本ではまだ新人なのでもっと新人らしく努力するアーティストになりたいです」
「これからもよろしくお願いします。ありがとうございました(日本語で)」
[PR]
# by k_drama | 2005-03-20 17:55 | 韓タメ
天国の階段 第21話<テファの献身>
「献身」どころの話じゃないわ。
「チョンソー!お兄ちゃんがついてるぞー!」と叫んでアクセルを踏み、大事な両目を手で覆ったテファ。
首にはチョンソからもらった大切なマフラー。重すぎる・・・。
アノ韓国警察すら、「自殺のようです」と検分しました。

角膜提供者が現れたと手術室に向ったチョンソの目にはバッチリアイライン。
それにひきかえ、病院に隔離されてしまったミラは、スッピン。アッパレな女優魂にホレボレしました。誰だかわからなかったじゃないの(汗)

微妙なコメントになってしまいました。
斜め観の方だけお読みください(汗)

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-03-20 13:14 | 天国の階段
美しい彼女 <第2話>
ええっと。
「まさお」って、もしかして日本人ですか?(笑)
ボクサーパンツの「まさお」・・・さすがイ・ジャンス、小道具にはこだわらない・・・(汗)
しかも試合中は、「まさお」の表記があったりなかったり(ま、まさかシール!?)

シム・ウナが美しいっ!子供がソンジェ(@美日々子役)ってところはちょっと笑えるけど。
そしてカン・ミヒ。チュンサンの母でピアニストかと思っていたら、ジュンホのパトロンだったとは。なんてナマナマしい(笑)

ジュンホの涙や天真爛漫さにホレボレし、トレーニング姿のニットキャップや、オイルでも塗っているかのごとくのムッチリ肉体にニヤけ、そして「まさお」の登場でいっきにドン引きです。
まさおのセリフには字幕が必要だってば。

あぁ、どうしましょう。
今後「まさお」に気をとられないで見ることができるのか不安~。
[PR]
# by k_drama | 2005-03-16 00:30 | ひと息
オールイン 運命の愛<3話・4話>
もう登場でしたか、マイケル・チャン。
サンドゥ親分もチョングもチニ(チェリン)も。これで勢ぞろい?
あとはオチダリエ。

初見で、なにかとテジュンとチョングがかぶっていた私。
今回は心してみようと思っていたけど、結局かぶっていて混乱(苦笑)

服役を残すところ1年となったある日、イナはチョングのいる房へとお引越ししました。
そこで夜な夜な行われていたのは、サンドゥ親分仕切りの花札賭博。
看守も買収されてある意味とっても韓国らしい雰囲気。

チョングの誘いで賭場にでかけたイナ。
そこへ現れたのはなんの罪かは不明な、因縁のテス。
すっかり坊主頭になっちゃって・・・(笑)
そうか、テスだけは最初から大人のままだったのね。
勝負したイナはテスに屈辱の敗北を味わわせ仮釈放となりました。

仮出所をして真っ先にでかけた先は映画館の地下基地。
そこには誰もいなかったが、映画館で看板の絵を描いていたのは足をひきずるシボン。
シボンに連れられて行った先は、チスおじさんのいるクラブ。みなに歓迎を受けました。
テジュンは警察官になったんですって。ほら、ゆるい(笑)
チスおじさんはヅラも無用になり、スッキリと自然な振る舞いになりました。

帰り道、イナを狙う悪い奴らが追ってきます。
もちろんテスの手下の皆様でしょう。
みんなに迷惑をかけてはいけないと、チョングを頼って済洲島へ行きました。
そこで初めてみた「カジノの世界」チョングの口聞きで保安要員として働くことにしました。

一方スヨンはシスターにならずカジノのディーラーとして働くことを決めました。
そこで出会ったのは、スンドンの娘チニ。
勤務初日、緊張の面持ちで向った先にマイケル・チャンが座ります。
スヨンを指名して、バカラを初め高額を賭け始めます。

モニターのディーラーの顔に唖然として走り出すイナ。
すでに30億近くもの負けが込んでいます。
ソウルからスンドンとともにチョンウォンも駆けつけてきました。

ディーラーにも責任が及ぶのか?と聞くイナに、チョングは
「かわいそうに彼女、初日でこれじゃ・・・」とつぶやきます。

じっと見つめるイナに気がついたスヨン。
こんなところで出会うとは・・・。

明日はイナとチョンウォンの再会から。
そして、やっぱりテスとの再会でしょう。へびみたいな面白い男ですから(笑)

本あらすじは、オールイン 運命の愛公式HPをごらんください。
私はみたまんまのアップです。公式のあらすじを読んで、ほほーとかむむーとか唸っています(苦笑)
[PR]
# by k_drama | 2005-03-15 23:53 | オールイン 運命の愛
オールイン 運命の愛<1話・2話>
昔の日活やくざ映画みたいで、ある意味おもしろいわー(笑)
テスは最初からあんなにオモシロさを発揮していたのね。今回は注目。

ヘギョちゃんもビョンホンもチソクくんも2回目の最後にやっと登場しました。
しかしあらためて見ると、子役が上手でその上あまりにソックリで錯覚を起してしまうほど。
特にスヨンの少女時代は”ヘギョちゃんの唇”に焦点をあてて選んだに違いない(笑)

トックおじさん、もといチスおじさんのヅラには笑える。
けれど、なにをおいても財津一郎似のチョンウォン父の濃い顔にクラクラきます。

さて、1話はイナが撃たれたところから回想シーンが始まります。
おじさんとの詐欺師人生からスヨンとの出会い、そして復学後のチョンウォンとの出会い。

チスおじさんとイナはいかさま花札で警察から逃げ回る日々を送リ続けて10年。
乗り込んだ電車内で父を訪ねて行くスヨンと出会います。
目の前でゆで卵を万引き?するチスおじさんとイナに嫌悪しデッキに出てオルゴールを聴くスヨン(クリスチャンネームはアンジェラ)。そんなスヨンを観てイナの恋が始まります。オルゴールがオールインのキーアイテムです(歌はパク・ヨンハ)。

チスおじさんの計らいで学校へ復学したイナ。クラスメートにチョンウォン。
財津一郎似の父に反抗するお年頃。反抗されても致し方ないチョンウォン父の荒仕事(苦笑)

スヨン父は、チョンウォン父の経営する映画館でフィルム技師の仕事をしていますが、賭場での借金がかさみブルゴム組に取立てられる日々を過ごしていました。追い込み担当が噂のテス。
スヨン父が暴力を振るわれているところへイナとチョンウォンが立ち向かい、第1戦はイナ組の勝利。
今後の対決は、ここからの因縁なのかがいまひとつ理解できていません(笑)

スヨン父はチスおじさんの詐欺力を借りて借金精算金額を達成したものの、結局は死にいたってしまいました。ブルゴム組に拉致されるスヨンを助けるためにイナ組は事務所に乗り込みます。そこでシボンが事故にあい、ブルゴム組に復讐することにしました。

イナとチョンウォンは二人でブルゴム組の事務所に放火します。
中で1人酔っ払って寝込んでいたのはブルゴム組組長、テス兄です。

スヨンが父の散骨をしているところに警察が二人を逮捕しにきました。
チョンウォンは父の計らいで無罪放免。イナは7年の実刑。

さあ、テスが兄の恨みを晴らそうとお待ちかねです。

このお話登場人物が多いわー(汗)
[PR]
# by k_drama | 2005-03-15 01:47 | オールイン 運命の愛
天国の階段 第20話<あばかれた真相>
期待どおりのミラの暴れっぷりにスッキリしたーっ!
8人~10人も座れそうな大テーブルを見事にひっくりかえし、髪振り乱して大暴れ。
ん?もともと夜叉チックな髪型ではあったけれども(笑)
そして、暴れすぎて両手両足掴まれて退場。お見事!としか言いようがない。

ユリが連行されたあと床に寝転んで駄々こねる姿なんて最高。
・・・ん?ハン教授のことにはふれません(苦笑)

結局全然泣けなかった結婚式。
唯一その気になったのは、リムジンを見送るテファの姿。

お兄ちゃんは花嫁をお姫様ダッコして階段をのぼり、息ひとつ切らさずお部屋まで連れて行ってあげます。
リビングには家具はなく、さぞ小道具さん簡単だったこと。とちらっと頭をかすめたのもつかのま、再度お姫様だっこで「肝心なものはあるんだ」といって連れて行った先はベッドの上。
なんかリアル(笑)
中途半端にドレスを脱がせ横たわり、チョンソの「私いきたい」に1人ドキマギ。
あービックリした。「私生きていきたい」とかにして(苦笑)

予告では医者にむかって「じゃあ死んだ人間ならいいんですよね」というテファ。
あーもうやめて!

簡単にリハビリアップしてみました(苦笑)
[PR]
# by k_drama | 2005-03-13 12:26 | 天国の階段
オールイン 運命の愛
美しき日々、公園でうなだれるシーン&とっておきの映画のシーンでもらい泣き。
この日を待っていたのよ。な、イ・ビョンホンviewdayでした(笑)
次回デート帰りにヨンスを送り届けるシーンは、ぜひ「生声に切り替えて」ビョンホンを。

明日月曜日からBS2で”オールイン 運命の愛”の集中放送がはじまります。
ヒロインはソン・ヘギョちゃん。トックおじさん、チェリン含め脇も豪勢です。
オールイン 運命の愛

4月16日からNHKで放送が決まっているなら、せめて今回は生声でやって欲しい。と願わずにはいられません(笑)
[PR]
# by k_drama | 2005-03-13 11:59 | オールイン 運命の愛
美しい彼女
み、見逃したー!半分も。

慌てて帰ったら、ボクシングをして倒れているところ。
リング脇には子供が。

シム・ウナの車に突撃流血し、病院で診察を受けて、なにかの承諾書に押印した帰り、閉店際の料理屋のおばさんに声をかけるも灯りを消されてうなだれる・・・ってなに?(笑)
全然わからないけれど、イ・ビョンホンのニットキャップは好みです。
ここまで書くのは恥ずかしいけれど、名前すらわかりません(笑)

この1話、もしかして見逃したらのちのちマズイでしょうか?
ア、ドバイスをください(ショボボン)
[PR]
# by k_drama | 2005-03-09 00:20 | ひと息
2週間も溜めている(汗)
先週のスカーッと晴れ晴れしたチャングムから、発病して別れを決めた白うさぎの美しき日々まで。
韓タメも入れて、書くはずのブログ記事を8本も溜め込んでしまいました(汗)
あー途方に暮れる(笑)このブログを復習材料にしてくださっていた方、ごめんなさい。

この10日強、なんと私は「ピ」の虜になっていた。
秘密は断念するわ、天階にはイライラーっとなるわで、もう韓タメとチャングムしかないのか?と思っていたところ、サンドゥ学校へ行こう!に熱くなり、最終回に「よかったよー」と号泣。ご覧になっていらっしゃらない方、ぜひ観てください(笑)

3月のTV番組誌をチェックしたら、驚愕のスケジュールが発覚。
8日(火)からTVKで「美しい彼女」、14日(月)からは「オールイン運命の愛」の集中放送。
イ・ビョンホンを週に何回も観ることができるぅ!
ええ、浮気はしてもラブ1位です。

ブログをどう書くか検討しつつ、少しずつですがアップしていきますので、どうぞ忘れないでくださいー(汗)
[PR]
# by k_drama | 2005-03-06 19:14 | ひと息
美しき日々 第18話<苦悩>
今回の目玉は「空港のギャラリー」あまりの多さにビックリです。
そんな中で”泣くのを堪える迫真の演技”に連られ、ついついほろっとしてしまう私(苦笑)

「嘘だ、父さんが殺したなんて・・・まさかそんな・・・」
愕然とするソンジェに”目を見開いた恐ろしい赤い女”が迫ります。
「敵を討って!」こわいんですけど。

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-20 23:43 | 美しき日々
韓タメ 02.19放送分
オープニングは「クォン・サンウです。またお会いできることを楽しみにしています」
と、韓国ロッテホテルでのファンミの模様から。
日本からファンを招いてファンミー?スゴイ(笑)

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-20 19:47 | 韓タメ
天国の階段 第17話<テファの告白>
テファはいいお兄ちゃんに。
そしてどんどん仏様顔に。ついでにエンディングだってゲット(笑)
イワンくんからのクセは”照れると髪の毛を掻くこと”

ユリに手の内を明かしたにも関わらず、全く対策を練っていなかったユリとミラ。
だけど全然大丈夫。本人(父)はボヤーっとしているだけですから(汗)

チョンソの視力は低下しているだけでなく、全く見えていないかの行動。
これが今回のストーリーに没頭できなかった敗因です(汗)

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-20 18:34 | 天国の階段
チャングムの誓い 第18話<料理人の信念>
すっかりチェ一族のクミョン、いや嫉妬がエスカレートするクミョン。
でも痛々しくて憎めないわ。

さて、始まって以来の「結果は来週」
明の使者の顔を見ただけでは、どう考えたって雲行きは怪しい。
早くこの目でスッキリしたーい。

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-20 16:39 | チャングムの誓い
美しき日々 第17話<絶望>
すっかりハイソ感が失われたミンチョル。
私はこっちがお好み(笑)

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-18 23:28 | 美しき日々
”悲しい恋歌” 放送決定
現在フジテレビで放送中の”天国の階段”終了後は、クォン・サンウ主演の”悲しい恋歌”に決まったそうです。
フジはサンウくんがよっぽどお好きらしい。

4月30日より放送開始です。

ということは、韓タメもそのまま続行?ですよね。ワーイ。
・・・放送中の”天国の階段”も終盤の盛上がりだというのに・・・(笑)
[PR]
# by k_drama | 2005-02-18 17:09 | ひと息
天国の階段 第16話<希望の箱>
ストーリーに没頭できませーん。
グローバルグループに目が行き過ぎて(汗)

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-17 22:04 | 天国の階段
韓タメ 02.12放送分
カン・ドンウォンの「始まるよ。始まるよ?」でオープニング。

韓国のバレンタインは大きなバスケットを用意してたくさんチョコレートを詰めたものと一緒にプレゼントを添えて贈るのが一般的。
パクアナ、今年は義理チョコを会社で配るとか。
同じですね~と佐々木アナ(笑)

まずは、チェ・ジウの極秘来日ニュースから。
ディオールのCM撮影が始まったのは1月末から。場所は「札幌」。
公式ファンサイトの2月3日のビデオメッセージから見ることが出来るそうです。

2月5日には、冬のソナタのチェ・ジウとペ・ヨンジュンのそっくりさんコンテストを行われる予定でしたが、応募者数が少なく延期となったそうです。
私的には、このニュースに大爆笑。
ナミソムのペ・ヨンジュン像に続き、なんて計画性のない・・・。

次は、テファ役シン・ヒョンジュン来日の模様をご紹介。
2月4日、日本でのファンクラブ発足のために来日したとのことです。
「こんにちは、私はシン・ヒョンジュンです。お願いします」
2月5日には赤坂で300人のファンと一人一人握手を交わす誠実な対応だったとか。中には男性ファンも。
後日、韓タメで来日の模様を特集するそうです。

さて、バレンタインということで「愛の必殺名台詞特集」
まずはクォン・サンウ、天国の階段より。
チョンソを横に座らせ「一度だけ、抱きしめてもいい?」と言った海辺の家のシーンより。

ペ・ヨンジュンは2001年ホテリアー第19話より。
指輪を贈ったあとに言った台詞から。
「初めての買い物だから店員に選んでもらった。はめたら永遠に僕から離れられない魔法の指輪をくださいってね。値段はどうでもいいと。僕が世界で一番愛する人へ贈る指輪を下さいと」

チャン・ドンゴンは1997年ドクターズ第16話より。
ものすごい顔色の悪さでイ・ヨンエに膝枕されているシーンです。
「知ってたかい?こうしてると母さんに抱かれているみたい。羊水に浮かんだ胎児のように温かくて気持ちいいんだ。お前はまるで海のような女だった。俺の全てを受け入れて抱きとめてくれる海のような」

「情熱的な言葉の数々」これは韓国ならではの事情があるのです。
ベストセラーの常連は「詩集」中でもソ・ジョンユン著の「ひとり立ち」は15年間で300万部を売ったロングセラー。
最近の人気はト・ジョンファン著の「親と子が必ず一緒に読むべき詩」・・・必ず読むべき・・・(汗)

韓国人はポエム好き。
だからドラマにも”詩のような台詞”が多いのです。
というくだりで紹介されたのは、1998年「この世の果てまで」のリュ・シウォンくん。
「世界で一番かわいそうなのはどんな人か知ってる?君のように自分自身を愛せないやつだよ。川に浮かぶ木の葉のように流れていく人。もしおバカさん大会があれば君が優勝だと思うよ」
おバカさん大会って・・・あぁ微妙・・・(苦笑)

ここで佐々木アナがパクアナに質問。
「実際韓国の男性ってどうなんですか?」
「実際にはドラマみたいなことはなくて、ぶっきらぼうな男性の方が多いんですよ。でも勇気を出して愛の告白をするときには思いっきりロマンチックに詩を朗読したりする人も多いんです」
「やっぱり熱いですよね」
「でも私は詩の朗読よりもストレートに「君を愛してる」って言われたほうが好きですね」
「あぁ、まあね、ストレートな言葉って響きますもんね」
ヲイヲイ、自分から振ってサラっと流すな(笑)

そして特集は”韓国新世代スター”のご紹介。

最初はキム・テヒの弟、少年時代のテファで御馴染みの「イワン」くんより。
現在21歳。キム・テヒとの撮影風景に加え二人揃ってちょっとしたインタビューも。
Vintage BlueのMVの演技ではキム・テヒも涙したとか。
ん、ますますいい男っぷり。

ここで注目の新世代スターのご紹介。
カン・ドンウォン
キム・ジェウォン
イワン
チョ・インソン
エリック
イ・ドンゴン

最初は恋人にしたいNo.1のカン・ドンウォン23歳から。
モデルから俳優になった若手スターの代表格。
2004年にヒットした映画「オオカミの誘惑」はまさにカン・ドンウォンのために作られたと言われているそうです。
来日の際にこんなコメントを残されていたそうです。
「”オオカミの誘惑”の主人公は女の子に甘えるんです。かわいい男性の役は僕にとっては難しかったです。僕は韓国の中で最も男らしい慶尚道の出身なので甘えるのが苦手なんですよ。男らしいってことを日本では何て言うんでしたっけ?」
・・・九州男児(笑)

次は若手スターも個性は様々。ということでイ・ドンゴン24歳。
「B型の彼氏(仮題)」2005年公開予定を少しご紹介。

そしてこぼれるような笑みが殺人微笑(サリンミソ)と言われているキム・ジェウォン23歳。

エキゾチックな顔立ちからついたあだ名が”アラブの王子”セクシーさも魅力のチョ・インソン23歳。

歌手から俳優デビューも急増中。ということで神話のリーダー、エリック25歳。
「演技は初めてのことばかりで難しいことも多いですが、同時に新鮮で楽しいこともたくさんあります」
そして2004年火の鳥のシーンを一部ご紹介しました。

携帯電話のCMには若手スターの起用が多く”まるで新世代スターのプロモーションビデオ”みたいだそう。
Anycallからはエリック、NESPOTからはイ・ドンゴン。
KTFからはチョ・インソンとカン・ドンウォン。
カン・ドンウォンからもうひとつコメントでした。
「僕のことを応援してくれてうれしいです。それから韓国のことに関心を持ってくれて感謝しています」

若手スターは何が違うかとの佐々木アナの問いに、パクアナがこんなことを答えていましたよ。
インタビューで、彼女はいますか?という質問があると、以前のスターは必ず「いません」と答えていましたが、今は、はっきり「いる・いない」を答えるのだそうです。
・・・そう日本だってね、昔のスターはトイレだって行かなかったのよ~(笑)

最後は映画「コックリさん」
2005年4月23日から公開予定だそうです。テロップは2004年って書いてあったから遅い!と思っちゃったよ(汗)
主演のイ・セウンとイ・ユリがご挨拶。
「撮影前に日本のホラー映画も観ました。この映画は韓国と日本の良いところが調和した面白い作品になったと思います」
最後は日本語で「会えてうれしいです。バイバーイ」

コックリさんは見たくないな・・・(苦笑)
[PR]
# by k_drama | 2005-02-13 12:20 | 韓タメ
チャングムの誓い 第17話<疫病と策略>
クミョンは心を払拭して、本当の意味でチェ一族に参入することを決意したようです。

悲しテーマソングに涙のクミョン。
メロメロなチョンホ。
そして、やっぱり天真爛漫なチャングム(笑)

今回ストーリー外で目を奪われたシーンがありました。
それは、ピンクのマニキュアと絆創膏。
時代劇の腕時計状態・・・気のせい?じゃなくてもいい。
きっとイ・ヨンエちゃんが指にケガをしたのよね(笑)

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-11 23:51 | チャングムの誓い
ぉも?(涙)
さて、水・木で”秘密”の日。

ビデオ録画を予約して出勤し帰宅してヒュルヒュルーっと巻き戻したら、なんだか全然違う番組が始まっている。
なんで?
答え、ただのチャンネル間違い。

たった2話を見ただけで、終了です。
んもー、まだ”娘”と確認すらしていないっていうのに・・・。

ということで、いつかどこかで放送が始まったらリベンジしまっす。

チャングムは明日夜のアップになりますー。
[PR]
# by k_drama | 2005-02-11 01:00 | 秘密
きょうの料理 ”もっと知りたい!キョンファさんの韓国朝鮮の味”
きょうの料理、今週は月曜日~木曜日まで”ジョン・キョンファ”さんの韓国料理。

初日は宮廷料理のクジョルパン、テハチム、ジョン、トゥブジョンゴルをご紹介。
松の実の小さな小さなヘタをとるところでは、下働き時代の子チャングムやヨンセンが・・・なんてコメントも。
クジョルパン用の皮もジョンも”ホットプレート”を使うのが最適と、ホットプレートをご支持していらっしゃいました。韓国家庭では最低でも1つはあるという必須アイテムなのだとか。
旧正月の近づく韓国家庭では、オモニがせっせとジョンを焼いていることでしょう。

私はジョン・キョンファさんの優しげな口調がとても好き。
このレシピ本も、手軽で肩の張らないいい本です。
朝鮮の味、家庭の味 きょうも、おいしかったね。―キョンファさんちの朝鮮の味、家庭の味130
ジョン キョンファ

主婦と生活社 1999-09
売り上げランキング : 4,991
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


明日は宮廷料理から離れ”春雨と鶏肉の辛煮”、おそらくトッポッキもご紹介されることと思います。楽しみですー。

ついでですが、私は韓国カボチャが大好き。ついでにジョンレシピはアレンジなので、本物はどうぞ”きょうの料理”テキストで(汗)
[PR]
# by k_drama | 2005-02-08 00:49 | ひと息
天国の階段 字幕版<1~4話>
私はすっかり”ノーカット字幕版”だと思い込んでいただけらしい。
全然おんなじなんですけど・・・(滝汗)

でもアレです。生声はいい。
「これが”愛”かな」なんてカセットテープの声にむず痒くならない(笑)

ユリの成長には重大な秘密が隠されているに違いないと思ってしまうけれど、テファもチョンソもソンジュも意外と似てる。
ユリは車でチョンソを轢くあたりまでが絶好調のイジメっぷり。
今はずいぶん天真爛漫になってきているような気がします。

テファの声がぐぐんといいので、高感度急上昇。
注目のチャン理事の声は、渋くていい。韓国語もお上手です。

最初に感じていたソンジュのキモカワイイな部分は、やっぱり2回目だって”キモカワイイ”
おそらく青ヒゲと髪型のせい。そして微笑がやけにぎこちない(笑)

ミラはいつからあーなってしまったんだろう?と注目していたのだけど、やっぱり不明。
ユリの成績が2番でチョンソが1番だったから?
それとも、お忍びででかけたピルスの家で平手打ちをくらってしまったから?
写生会で最優秀賞をとったテファの目の前で、賞状と記念品を足で蹴り落とすところはやっぱりヒドイ場面、これが一番目を覆いたくなるようなシーンでした。

それにしても、チョンソは普通なんじゃないか?と今更思った私。
家族一同、とってもヘンだもの。もちろんハン教授は脇の脇(苦笑)

振り返って見るなんてこと始めちゃったら、またまたイライラが募りそう(笑)
[PR]
# by k_drama | 2005-02-07 00:00 | 天国の階段
ドラマバー ”チャングムの誓い”みどころガイド
ゲストの天童よしみさん。
「チャングムはご覧になっていらっしゃいますか?」
「ええ素敵ですよね。3話くらいまで見ました」ってオイ!(苦笑)

”みどころガイド”はダイジェストに沿って解説されていきました。

とにかく子チャングムがたくさん。
出てくるだけで涙腺が緩むってば。

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-06 23:29 | チャングムの誓い
美しき日々 第16話<婚約の日>
こんな回でも、なんて平和。
やっぱりやっぱり美日々は面白い!
”チャギヤ(ダーリン)と呼んで”なーんて言ってるよ(笑)
いいさ許すさ。今日は室長PVの日。
泣けてしまうあの顔。あの目。捨て仔犬キャラ。たまりません。

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-06 12:36 | 美しき日々
韓タメ 02.05放送分
韓国の旧正月(ソルナル)は2月9日。
今はお正月用の買出しで街は人で溢れている時期だそうです。
韓国では3日間の連休ですが、パクアナも2月9日から久しぶりの連休で実家に帰るそうです。「ゆっくりしてくださいねー」と佐々木アナ。

まずはチェ・ジウの話題から。
クリスチャン・ディオールの化粧品部門からアジアモデルとして起用されました。
初めてのアジアモデル起用だそうです。
ショーにも登場。背が高いから可愛い。
「韓国の美しさを世界に伝えるきっかけになれて嬉しいです」とコメント。
そんなチェ・ジウの美容法は「物事を楽観的に考えること」だそうです。
では、クリスチャンディオールの化粧品を一生使い放題?と聞いたところ、「一生ってことはないだろうけど、今年1年は使えるんじゃないの?」とオチャメに笑ってコメントしていました。

写真撮影と休暇を兼ねて南アフリカに滞在していたキム・テヒが拳銃強盗にあいました。
そのときの状況を語っていました。
「強盗だ!という声で頭を上げたら銃を持った人が突然押し入ってきたんです。怖くて手を挙げながら震えていました」
金品を奪われたもののスタッフは皆無事とのこと。
帰国後在韓南アフリカ大使より謝罪のファックスがあり”怖い思いをさせて申し訳ありません”という謝罪とともに、”スタッフ全員に食事のご招待”が来たそうです。
また南アフリカに行くとは思えないけど(汗)

さて次は音楽情報。
J-POPカバーが人気上昇中だそうです。
最初は中島美嘉「雪の華」のカバー曲から。
歌っているのは韓国の人気歌手”パク・ヒョシン”男性です。

次は2000年に発売された”BLUE DAY”、原曲:浜田省吾「もうひとつの土曜日」。
Vは恋のソナタ・・あれ?ウォンビンですか。
2000年とは、文化開放政策により日本の曲のカバーを正式に許可した年なのだそうです。
バラードの名手、ポジションという歌手のアルバムを紹介。
特に70万枚を売り上げたのは尾崎豊の「I LOVE YOU」
現在でもカラオケの定番曲で、パク・ヨンハも好きな曲だそうですよ。
一般的には”日本の曲”だということを知らないで流行っているのだとか。

他には、郷ひろみの「お嫁サンバ」やアニメ「キャンディ・キャンディ」がご紹介。
キャンディキャンディはアニメにもなったんですって。

お待たせ!イ・ビョンホンの特集です。
「今度はあなたのところに行きます」ええ、ぜひ!(笑)
日本向けにはチェ・ジウと一緒に観光広報大使を務めるイ・ビョンホンですが、東南アジア向けの観光広報大使も兼任です。
そこで、東南アジア向けの韓国観光公社のCMを流してくれました。
アクティブに走るビョンホンだらけのCMです。これは日本でもぜひお願いしたい。

映画はGWに日韓同時公開となる「甘い人生」から。
「映画のPRで日本を訪れるときはファンの皆様にお会いしたいと思います」ええ、ぜひ(笑)
デコが可愛い!

~以下、アナウンス丸写し~
イ・ビョンホン、現在34歳、単なる人気スターとは一斉を隔す彼の真摯な生き方の裏には今でも守っているという”ひとつの約束”があったのです。
俳優デビューは21歳、知人が応募したテレビ局のオーディションがきっかけでした。
軽い気持ち出始めた俳優の仕事、撮影現場では自分の未熟さを思い知らされることの連続でした。悩むイ・ビョンホンの心の支えになったのは父親の存在だったと言います。
尊敬する父の励ましを受け、彼はもがきながらも様々な役に挑戦していきます。
しかし28歳の時大きな転機が訪れます。それは愛する父親の死、そして1年後兵役へ。
ここでビョンホンの映像・・・銃を抱えてうさぎ跳びをする兵士。これはJSAから?
イ・ビョンホンを演技派として知らしめた映画、JSA。
国境を警備する南北兵士の許されない友情を描きアジア全域で大ヒットを記録しました。
兵役を終えた翌日から撮影に参加したというこの映画で、イ・ビョンホンは善良な一兵士の抱えた苦悩を演じきり高い評価を得ました。
完璧主義とまでいわれるプロ意識、そんない生き方を貫いているもの。
そこには亡き父との約束があったのです。

俳優として目覚めたイ・ビョンホン、心の支えだった父親を亡くした1週間後に出演した番組でのコメントです。(1998年の韓国MBSトーク番組)
「父は俳優になることに反対はしませんでした。ただ”お前だけにしかできないことを見つけろ”と言われ”約束します”と答えたのです」
幼い頃から父親似だといわれてきたイ・ビョンホン。父親を亡くしてまもなく出演した映画(我が心のオルガン)では、父の形見のジャケットを着て出演しました。亡き父に自分の俳優の決意を示すかのように。
そして彼が天国の父へ送ったメッセージとは、「お父さんがいなくてもお母さんと妹を必ず幸せにします。お父さん愛してます」

紹介映画はこの5つ。
・アスファルトの男(1995年)あ、父ソンチュン(@美日々)と共演(笑)
・地上満歌(1997年)色黒テファ@シン・ヒョンジュンと共演。
・白夜(1998年)
・JSA(2000年)
・我が心のオルガン(1999年)

佐々木アナ「日本でももちろん演技が素晴らしい実力派として知られてますし、それから大人の俳優さんだなぁというイメージがあるんですがが、韓国ではどういう風に思われているんですか?」
パクアナ「韓国では演技力の評価はもちろんですが、インタビューでも取材陣に気持ちよく対応してくれますし、撮影では現場を盛り上げるため笑わせてくれるお茶目なところもあって人気があるんですよ」
佐々木アナ「幅の広さも魅力なんですね」

最後は、チョンウォン@オールインのチソンくんが日本でファンミを開催。
写真撮影はもちろんリンボーダンスも披露。
最後に日本の皆さんにご挨拶。
「『こんにちは、チソンです』日本のみなさんにお会いできて嬉しいです。これからも頑張りますので見守ってください『よろしくお願いします』」
『』は、とても上手な日本語でした。

-----
”オールイン・運命の愛”の集中放送決定のお知らせ。
BS2で3月14日から(月~金)1日2話ずつ放送予定です。
詳しくはNHK公式サイトで。
イナに会えるー(ハート)
[PR]
# by k_drama | 2005-02-05 23:21 | 韓タメ
天国の階段 第15話<結婚宣言>
今回はソンジュのおへそ・腹筋(パンツつき)&靴下洗いに注目(笑)
ちょっと進展したのかしら?したと思いたい。
「チョンソと結婚します」と家族に愛を誓ったソンジュ。
一家での話し合いは、んもー!ただただイラつくばかり。
この会話噛みあってる?かみ合っていないでしょ。
やっぱり何も考えていないと思われるハン教授、嫌いじゃないけどダメすぎる(汗)

続きを読む
[PR]
# by k_drama | 2005-02-05 20:14 | 天国の階段